ブラックで困っている/総量規制で借りれない/他社で既に断られた方

こんな条件でもキャッシングは可能?

審査基準はキャッシング会社によって若干違いますが、
どの会社も主に返済能力があるか、信用力があるかというところは必ず見ています。

パート・アルバイトでも毎月一定の収入があればきちんと返済できるということがわかるので大丈夫です。又、固定電話を持っていたり、保証人がいたりすれば信用度アップに繋がります。

また最近は、事故歴がある人でも借りられるキャッシングが増えてきています。
一般的にキャッシングの審査の際は以下のようなことを材料として審査の可否を決定します。

相談・診断

※20歳未満の方、生活保護を受けてる方、定収入のない方はご利用になれませんのでご注意ください。ご利用は計画的に。

スピードキャッシュなら

ブラックで困っている/総量規制で借りれない/他社で既に断られた方にも希望が持てます

そのままキャッシングの申込みが完了です。

キャッシング診断がOKならばすぐに申込みにも移れます。

相談・診断

※20歳未満の方、生活保護を受けてる方、定収入のない方はご利用になれませんのでご注意ください。ご利用は計画的に。

勤務先への在籍確認はあるの?

キャッシング会社に申し込んだ場合、在籍確認が必ずあります。それは審査の際に申込者が本当に存在して、勤務先に在籍しているかどうかを調べるためです。

在籍確認の際、もしキャッシング会社が名乗って勤務先へ電話をかけてきたらどうしようと心配になるかもしれません。

しかし在籍確認は心配するほどのものではありません。キャッシング会社は絶対に社名を名乗らずに電話をかけてくれます。
「○○(苗字)と申しますが、そちらにお勤めの△△さんはいらっしゃいますか?」
といった感じです。

キャッシング会社はプライバシーを重視するので、キャッシング会社だとわかるような内容の質問をしてくることもありません。

本人と代わって確認が取れればそれで終わり。もし申込者が外出中であった場合でも、同僚が「△△は外出中です。」と答えてくれるだけで、実際に在籍しているということがわかるので、在籍確認の電話はそれで終了です。